人手不足が顕著な業種の代表

倉庫

物流とは荷物を発送者から受け取り側に配送する業務を担っている業種であり、近年は個人宅への宅配でその業務量が拡大の一途にあります。これは他の業種のように機械化で人手不足を補うことが難しくなっているからであり、実際に人間の労働力がなければ運営が難しいからです。現在は荷物の管理についてはIT化が進んでいますが、荷物の仕分けや特定の商品を探して梱包する作業は大きさや形状が均一ではなく、機械化ができません。また、最大の理由には荷物を配送するために利用する車両の運転には運転手が必要になり、これだけは人数を減らすことができません。このように企業からすると大きな負担になる人件費が抑制できない業種になっているので、物流業界は常に一定の人数を確保することが求められます。このような状況の中で配送料は増加傾向が続いていて、物流業界は他の業種と比較しても年齢や性別に関係なく採用率が高いと言えるでしょう。その理由は女性や年齢の高い人であっても取り扱いが容易な軽量な荷物があり、重量物であっても専用の機器を使うことで対応できるからです。他にも最近は若年層の世代における運転免許の取得率が低下しているので、既に免許を保有している人は重宝されて採用される可能性が高くなっている要因です。

雇用形態に関係なく長く働ける

物流

日本では非正規雇用で働く人の割合が高くなっていて、行政も法律で正規雇用との格差を是正する努力を行っています。このような行政の取り組みで給与や待遇については以前よりも改善されましたが、今でも残っているのは非正規雇用者の有期雇用契約です。有期雇用契約とは事前に労働機関を定めて就業する契約であり、その期間を過ぎて更新されなければ同じ職場で働くことはできません。また契約更新ができても同じ職場に勤務する最長年数が設定されていて、その期間が過ぎて直接雇用されなければ退職することになります。非正規雇用で働いている人はこの契約期間の縛りを問題視していますが、これが物流業界になるとその流れが変化しています。物流業界でも短期間だけの就業目的で働いている人もいますが、荷物の移動をする専用機器やトラックなどの車両の運転手は重要視されるのが一般的です。これらは資格がなければ操作できないだけでなく、経験がとても大切になってくるので、雇用形態に関係なく企業側は手放したくないと考えるでしょう。資格については採用されれば企業側が費用を負担するケースが多く、今は重量物を人力で動かすこともほとんど無いので、自分の年齢を気にする人にも最適な業種であるのは間違いありません。

宅配

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中